華麗に鮎釣り・釣行記

茨城の海でカレイ釣り・栃木の川で鮎の友釣り・etc・釣りの記事が主体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25年10月6日ハゼ・アジ・イワシ

日時 平成25年10月5日~6日
天候 晴れ
潮汐 大潮  満潮4時46分 干潮10時33分 満潮16時24分 


第1ポイント 大洗周辺

時間 23時30分~1時
狙い アジ
釣果 アジ  10匹位 8~10センチ位


第2ポイント NM港 サビキポイント
時間 4時~7時
狙い アジ、等
釣果 アジ   28匹 8~10㎝位  
   イワシ  37匹 13~20㎝位
   セイゴ   1匹 20㎝位
   
第3ポイント 涸沼広浦公園付近
時間 11時~14時
狙い ハゼ
釣果 ハゼ  28匹位 13~16センチ位


土曜日の夜から日曜日にかけて茨城に行ってきました。
狙いは堤防のアジかイワシ、それと涸沼のハゼ。前回のリベンジです!!。

家を出たのが土曜日の20時。家を出たときからずっと小雨がふっていました。天気予報では土曜日は雨、日曜日は曇りの予報です。

22時大洗到着。釣り餌屋さんでアオイソメの細めを60グラム、アミを一個購入。港についたときは少し小降りになってきました。魚市場近くで釣り人を発見し挨拶をして状況を尋ねたところ、アジングをしているけど今日はアタリが無いとの事でした。「先週は違う場所だけど20センチ超のアジが入れ食いだったよ。」と教えてくれました。しばらくまよったのですが、結局合羽と竿を取り出しました。

竿は磯竿2号4.5m ライン3号、トリック仕掛け6号、錘3号、それに錘3号負荷の電気ウキです。
去年までなら堤防から垂らす方式だったのですが、今年は投げサビキとウキ釣りをマスターしたいと思っていてこの仕掛けを準備していました。

去年までウキ釣りをあまりやらなかったのはウキ下の調整が面倒に思えた事と、風や潮でウキが流されたりして神経を使いそうに思っていたからです。
たらす方式なら仕掛けの位置は底から表層までワンタッチだし、潮流や風で位置が変わってしまう事もないので放っておいてもOKと楽ちんなんですが。昨年、投げサビキに全く勝てない事があってしっかりマスターしたいと思うようになりました。

このポイントの水深は4~5mとわかっているのでとりあえず3メートル程度に仕掛けが位置するように調整して投げこんで
しばらくボーっと赤く光るウキを眺めてたらほんの5分ほどで光がピョコピョコと動いて沈みました。アタリ!、竿をあげると10センチほどの豆アジでした。とりあえずバケツのなかへ、その後もポツポツと豆アジが釣れます、群れがちいさいのか針が大きすぎるのか、1荷ではなく一匹づつ釣れてきます。棚は偶然にも最初からドンピシャだったらしく深くしても浅くしてもアタリが遠のきました。さらに少しずつ場所を移動しても豆アジ以外釣れませんでした。型のいいアジはかかりそうに無いので12時過ぎに納竿としました。
今日は鮎釣り用のエアーポンプをもってきたのでハゼを入れるための小型クーラーの中にアジをいれ夜明けまで活かしておいて泳がせ用の餌にする事にしました。

1時から仮眠。

25年10月6日1
竿を二本セット。

25年10月6日2
今日の港は曇り空。

25年10月6日3
逃げてゆくイワシ。

3時30分那珂湊周辺へ到着。雨はほとんど降っていませんでした。まだ真夜中ですがここは街燈もあって明るいため道具のセットもあまり不便はありません。
大洗で使った電気ウキのトリック仕掛けをもう一度出します。それにもう一本3号4.5メートル磯竿に7号ハゲ皮サビキをセットした竿を出しましたこちらは堤防から垂らす方式です。

電気ウキの仕掛けはすぐにアタリがありました。大洗と同じ豆アジがポツポツと飽きない程度に掛ります。垂らす方式のほうは仕掛けが底近くに来るようにセットしておきました。私の過去の経験からアジは比較的深いところでかかるイメージがあるのですがこの日は結局良型のアジはかかりませんでした。

このポイントでのを釣りを総括すると夜のうちは中層で豆アジ、たまにイワシ、夜明け近くからイワシが多くなり始め、明るくなってからは表層でイワシが入れ掛かりとなりました。この日は潮が澄んでいて表層を回遊するイワシの群れやメジナの群れを確認できました。他にはセイゴがスレでかかる、豆アジも上ずってきたのか表層でイワシに混じってかかる等ちょっとしたフィーバー気分を味わえました。

夜明けの頃からアジを餌に泳がせ仕掛けを一本出しておいたのですがこちらは空振りでした。

イワシはまだ釣れそうでしたが眠気に勝てず7時納竿しました。
今日は3号電気ウキを本格的に使ってみましたが 1.アタリが良くわかる 2.竿とバケツ程度の少ない荷物で出来るので移動が簡単、という印象を持ちました。風が無い時などは有利かも。

8時から仮眠。


25年10月6日6
今日こそ爆釣だー!?。

25年10月6日7jpg
曇り、無風、絶好のコンディション。

10時30分広浦公園到着、今日は駐車場に空きがありすぐに止められる。
雨は全く降る気配なし、風もなし、暑くなってきた、前回のリベンジなるか?。

今回は食い渋り対策に自作仕掛けを用意しました。モトス3号を70㎝とし、6号ハゼバリを3本針とした流し仕掛けです、ビーズ等の飾りは付けず、餌の個数を増やして目立たせるもくろみです。それにアオイソメ(細め)を2センチ位にちぎって付けます。
竿は9ftルアーロッド、8.6ftルアーロッドの二本。ともに6号ジェット天秤をセットしました。

釣り方は二本とも30~40m遠投してラインを張って置き竿にします。数分待ってアタリが無かったら1~2m巻き取って再び待つの繰り返し。針の数を増やしてさらに広い範囲をさぐることで釣果アップをという安易な考えです。

今日は仕掛けが良かったのか、潮回りが良かったのか、ポイントに当たったのかわかりませんが順調に釣れました。アタリがあっても乗らない頻度も少なかったようですし、沖でも手前でも平均にアタリがありました。心配していた根がかりも少なくて、3時間ほどで28匹の釣果は、中途半端な時間帯の釣りだったし、私の腕ではまあまあかなーと思っています。

涸沼ハゼもうしばらく楽しめそうな気がします。

25年10月6日8jpg
だんだん大きくなってきたハゼ。

25年10月6日9jpg
小さいアジ、わかりますか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turihige.blog.fc2.com/tb.php/50-c990689f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。