FC2ブログ

華麗に鮎釣り・釣行記

茨城の海でカレイ釣り・栃木の川で鮎の友釣り・etc・釣りの記事が主体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那珂川鮎釣り24年6月10日

日時 平成24年6月10日
時間 6時~15時
場所 那珂川 黒羽町裏
狙い  鮎
天候 曇り
竿 シマノスペシャル競 9m H2.75
水中糸 将鱗メタル0.03 ~ RUNスペシャル0.05~ フロロ0.15
針 グラン914Z 6.5号3本イカリ 
釣果 鮎 15~17㎝ 3匹 -1匹根がかり放流  

 例年なら6月の第一日曜日が私の解禁日になっているのですが今年の那珂川は解禁後の評判が悪いうえに天候も悪かったので、先週は釣行を見送ってしまいました。
 今日が今シーズン初の鮎釣りになります。そして私が所属している鮎釣りクラブの第一回例会でもあります。
仲間たちに会うのは半年ぶり、試合をするのは9カ月ぶり、そして那珂川に来るのも9カ月ぶりです。
釣支度を整えながら、仲間たちとしばし情報交換します。

今日の那珂川は前日降った雨で20センチ程の増水、すこし濁りがはいっています。 通常なら条件は良い方なのですが...鮎が少ないらしいのです。

6月10日1
集合時間が5時30分と早朝の為かまだ釣りをしている人はいません。
24年6月10日2 
私が集めた情報によると解禁してからあまり良い釣果が出ていないようです
24年6月10日3
釣れそうに見えるんですが

 クラブの例会はメーカー主催の釣り大会のルールに準じて行っています、本日の参加者は18名、時間は6時から11時。
画面ではわかりづらいのですが今日は上流から強風が断続的に吹き付けてきて非常に釣づらい状況でした、加えて釣れる鮎の絶対量が少なく厳しい試合になりました。

 結果は1~6匹(オトリ抜き)が平均的な釣果でした、10匹(オトリ抜き)以上釣った人もおりましたが、型を見れなかった人も数名出てしまいました。釣れた鮎は15~19㎝アベレージは17㎝位。私は型を見れなかったうえに1匹根掛かり放流でマイナス1 最下位に沈没.....。釣った人は腕がいいのはもちろんですがきちんと下見をしたことと状況に合わせたタックルと釣方をしていたようです。

 私の敗因は一言でいえば「腕の差」なのですが、仕掛けの選択ミスと釣り方のミスがあったようです、極細のメタルを使った引き釣りをイメージしていたのですが、今日は裏目に出たようです。竿操作がままならない強風時にさらにゴミが多かった状況の中、極細のメタルを使いこなす腕が私にはまだありませんでした。  

 試合後昼食をとりながらまた仲間たちと情報交換し、良く釣れたポイントや釣り方を教えてもらいます。  
 
 今日は一匹でも釣らないと帰れません、今日は私にとって解禁日だしニューロッドの初おろしなのですから...再び強風の那珂川へ...。午前中良かったというポイントに入れてもらい午前中とは違った泳がせ系の釣りで釣ってみます。良いポイントとはいえさすがに入れポンとはいきません、鮎はいますがある程度釣りきってしまうと弱ったおオトリでは追わないようで掛りませんでした。
 そのポイントの上流側に浅いながらも似た様な流れを見つけダメ元で移動しました、するとあっけなく掛りました今までの苦労は何だったの...?!。17センチ位のオトリ頃の鮎です、しみじみ嬉しかったです。
オトリを代えて同じポイントに入れるとすぐに掛りまました、さらに同じポイントに入れますが、さすがにすぐには掛りません一度下流に送って少しずつ上流へ泳がせて10分ほどで3匹目。これから入れ掛かりと思ったのですがそれでおしまいでした。その後30分以上ねばったのですが掛りそうな気がしません。何とか型を見たことだし15時納竿としました。
  


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turihige.blog.fc2.com/tb.php/20-b4cbbabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。