華麗に鮎釣り・釣行記

茨城の海でカレイ釣り・栃木の川で鮎の友釣り・etc・釣りの記事が主体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレイ釣りの履歴

カレイ釣りの履歴
私のカレイ釣りについてまとめてみました

1.カレイとの出会い

私のカレイとの出会いは今から15年位前にさかのぼります。その頃子供たちは小~中学生でした。子供たちに海を見せてあげたいのと、自分も海でどんな魚が釣れるか楽しみで大洗にファミリーフィッシングに何度か行ったことがありました。
 フィッシングといっても大洗水族館や魚市場に行ったついでに2~3時間釣りをする程度のものでした。だいたい5月~6月の時期でした。主に釣れたのはハゼの種類かメゴチ、手のひらサイズのカレイ等さらにヒトデやカニ、ナマコ等でしたが、それでも子供たちには好評で喜んで釣っていました。その時期に三匹の大型カレイとの出会いがあったのです。最初は娘の竿にかかった30センチ位のカレイでした。二匹目はその翌年の5月に近くでヘチ釣りをしていたおじさんの竿にかかった目測50センチと思えた大物カレイです。三匹目はその数週間後また近くで投げ釣りをしていたお兄ちゃんが釣り上げた40センチほどのカレイでした。特に二匹目のカレイは海面に上がってきた黒い座布団のようなシルエットと堤防の上に上げられてバタン、バタンと暴れる重量感は忘れられない大迫力でした。その後私も大型カレイを意識した仕掛けを用意したのですが手のひらより大きなカレイがかかることはありませんでした。家から大洗までは片道100㎞以上あり、釣行は徐々に減ってしまい、いつしかまったく行かなくなっていました。

2.再び海へ
茨城にひたち海浜公園という国営の公園があります。5月はネモフィラの花畑がとてもきれいだと聞き、家族でドライブへ行ってきました。2008年5月の事です。ネモフィラの花畑は公園の中でも小高い丘のてっぺんにあって丘一面が淡いブルーに染まったようでとてもきれいでした。しかも頂上からの眺望もよく海もきれいに見えました。初めていった公園にみんな大満足でした。ただ一人私だけは丘の上から見た海に昔見たカレイを思い出し、ツリキチの虫が動きだしてしまいました。その年の秋からカレイを夢見て茨城詣でがはじまりました。
海浜公園
海浜公園
ネモフィラ
2008年5月ひたち海浜公園のネモフィラ

3.甘くない海、だけど楽しい海
最初はカレイだけを狙っての釣行でした。ネットで調べたり、本を購入してカレイの釣れる釣り場を探したり、釣り方を研究しました。常磐は大型カレイが良く釣れる地域らしい...釣り期は春か.秋.竿は20~30号。それなりの準備をして、まず日立方面で釣りを開始しました。何度か通ううちに釣れる...きっと...そう思っていました。でもカレイはなかなかふりむいてくれませんでした。かかってくれたのは二年後の2010年3月22日大洗でした、36センチでした。次が2011年2月20日日立45センチ。さらに2011年5月7日大洗41センチ38センチ。で現在まで30センチ以上のカレイ4枚が私の実績です。4枚も...なのか4枚しか...なのか?
 2010カレイ 
2011かれい 2009かれい
堤防にはいつも色々な釣り人がいてそれぞれの釣り方をしています、私の知らない釣り方もありますし、こんな魚が釣れるのか...と、驚くことがしばしばです。そのたびに釣りたい魚種が増えていきます、釣った人に教えてもらったり、釣り具店の店員さんに尋ねたり、ネットで調べたりしながら次回に挑戦します。道具もだんだん増えてきました、そして楽しみも同様に増えてきました。最近ではファミリーで行くことも多くなり楽しい堤防釣りになってきました
アジヒラメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turihige.blog.fc2.com/tb.php/10-6984c430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。